Top Page料金・地図 皆花楼の四季 今日の顔 FB 皆花楼あれこれ リンク集

日本の、そして心の故郷 桜井にふさわしい
 旅情あふれる和風旅館  
皆花楼

皆花楼へようこそ

皆花楼の今日の顔

四季折々の皆花楼や近隣のニュースをお楽しみください
「今日の顔」はFBでの発信も行っております
  皆花楼の
Face Bookページ
よろしければ 「いいね」「コメント」「シェア」 をお願いします
下記タイトルをクリックすることで、該当のFBページへ移行できます。
 

3/15 春の訪れを感じさせる紅梅の満開、先日の雨と風に散り急ぎを心配しましたがまだ元気に楽しませてくれています。
 落花も進みだしそろそろ見納めかもしれませんので梅尽くしをどうぞ。

門両脇の紅梅も外観的にはこのように通りの方にも楽しんで頂いています。
Top画像を現在で再現すると・・・
庭中央の松が無くなり、ちょっと寂しいですが・・・
晴れ渡った青空を背景に見上げるのもいいでしょう。 
 離れ2階、「月の間」からの眺めもどうぞ
眼前一杯に広がります。
庭奥の紅梅、昔はこの前に池があり、紅白の梅が美しさを競い合ったのですが・・・
この紅梅も相当の古木で根元は皮だけで支えています。
花のボリュームも少なくなりましたが今年も元気に咲いてくれました。

 



3/5 一雨毎に春の息吹ですね、先日から紅梅に「メジロ」の訪問があり、やっとかろうじて撮れました。又「乙女椿と紅梅」のコラボも如何ですか?
 「桜切るバカ、梅切らぬバカ」?、隣家の紅梅はこんなに元気です。

 一方、近所に目を移せば、この時期いつも真っ先に桜を感じさせる「河津桜」が早くもこんなに見ごたえが。
 又その先へ行くと「しだれ梅」が優しく迎えてくれます。
「乙女椿」と「紅梅」でお互い自己主張をしています。
暗隣の紅梅、とても元気でしょう。白梅も顔を出しています

河津桜は早咲きなんですね、いつもいち早く開花し春の訪れを知らせてくれます 
個人のお宅ですが、立派な「枝垂れ梅」ですね。
 


3/1 早くも3月、昨日の雨も春の息吹と感じられます。
 3月と言えばひな祭り、桜よりはやはり梅が似合いますね、等弥神社社務所では豪華なひな壇が飾られています、参拝の折にはぜひ拝見ください。
 皆花楼の庭では乙女椿に開花の始まった梅、更に沈丁花も膨らんできました。気が付くと門脇では「柊南天」も開花が始まっています。

夜間、フラッシュでの撮影も見ごたえのある画像が撮れそうですね。
暗闇での「乙女椿」結構妖艶な感じがしませんか。
「沈丁花」も一旦枯れたのですが何とか再生に成功したようです。生命力万歳!!!
門を入って右の木陰、「柊南天」が早くも花をつけています、ちょっと早すぎないですか?
先日蕾から開きかけの状態を紹介しました、「式部」です。とても豪華な椿じゃないですか。

2/27 気が付くと紅梅の色付きは一気に進んだようで!!! ほんの幾つかですが、開花も見えます。
 一重の白梅も可憐でいいですが、八重の花びらを持つ「紅梅」は春を感じさせ気分も浮き立ちますね。
 見頃の頃にはまだまだ及びませんが、赤みが色づきかけてきました。蕾の中に開く花も見られるようになり・・・

 先日も報告しました、今年は庭奥の紅梅も開花が早そうです。早くもこんなに!!!
 後半の画像もお楽しみください。

 庭奥の紅梅はとても古木で、花の付も随分少なくなりましたが、こんなに元気な枝もあります。こちらでも艶やかに咲いた何輪かをお楽しみください。

2/23 再度 春近し
紅梅の綻びも目に見えて進んでいるようです。
門両脇の紅梅の蕾もかなり赤みを帯びてきました、部分的は既に膨らみかけも!!!
一方庭奥の紅梅も今年は早くから元気です。
その傍では椿「式部」も開花が進んでいます。こんな豪華な花をつけます。お楽しみに!!!http://www.kaikaro.com/today_1703.html の3/15をご覧ください。

庭奥の紅梅、こちらも既にここまで膨らんでいます。
例年に比べ一段と早い感じですが・・・
椿「式部」の蕾と開きかけ、その下は昨年の開花時の様子です、豪華でしょう!!!


2/22 春近し?この2-3日の暖かさと先日の雨で「春近し」の感が一段と強まりました。
庭の「白梅」も落花を早めそうでもう一度満開の様子のうちにご覧頂きましょう。つたない画像ですが、ミツバチも忙しく吸蜜している様子もどうぞ(御免なさい、こちらでも動画はUPできませんでした)。

一方、気が付くと「乙女椿」も既に開花が進み可憐な姿を見せてくれています。
花々の季節も近そうで楽しみです。


   


2/18 雛飾り
 立春後の寒波もやや納まり、今日は比較的穏やかな晴天で、今日がチャンスとお雛様に登場頂きました。
 もともとは
7段飾りのお雛様ですがだんだんスペース的に困難となり、ケースを用意しこじんまりと納まって頂くことになりました。
 
是非涼やかな内裏様、また柔和なお姫様のお顔で安らぎの一時をお過ごし頂ければと思います。https://photos.app.goo.gl/qTgWPhcWUrj1jJV66

なんとも涼やかなお顔じゃないでしょうか。

御姫様もふっくらと優しげな眼がとても安らぎを与えてくれます。


02/11 北海道をはじめ各地で厳しい寒波に襲われています。最近の不順な気候変化のせいでしょうか、開花の時期の想定が付け難くなってきていませんか?
 皆花楼の庭では白梅の満開を迎えています。 が、ふと以前は白梅の落花と時を同じくして紅梅がぼつぼつ見頃を迎えていたなと思い出しました。
 下の画像を見比べて下さい。左(1枚目)が現在、右(2枚目)が2006年の画像です、違いが分かりますか?

2019/0211の白梅
2006/03/12の白梅
 上の画像を見比べて下さい。

1)中段を横切る松が見事でしょう。
  一昨年枯れて伐採せざるを得ませんでした。
  素敵な松で皆花楼のシンボルでもあったのですが・・・ 残念です。
2)門を入ってすぐ右の、灯篭横のツツジが随分大振りですね。
  数年前からお願いし、小ぎれいに選定して貰いました。
3)門両側の紅梅はどうですか? ほぼ満開でしょう。
  そうなんです、この年は 紅・白両方の満開が見れたのです。
  この頃は気候の変化も穏やかな変化だったように思います。
  今年こそ穏やかな一年であってほしいですが・・・


02/04「節分」を終え、今日は「立春」、名の通り3月を思わせる暖かさでした。
 が先日の寒さや、明日以降もここ暫くは寒さが戻り最も寒い時期となります。
 しかし「白梅」の綻びや、木々の新芽を見るともう少しの辛抱と気持ちは幾分華やいできますね。

 皆花楼の庭の様子をご覧頂きましょう。

先日までの寒さの後、春を思わせる暖かさに一気に開花が進んだようです。
02/02の時点では、まだまだ蕾の状態が多かったです。
雨露を含む花も風情が・・・
晴天の青空を背景も好きですね
節分恒例の魔除けを、柊の葉とイワシの頭で。 
 まだまだ寒い中、春の兆しを伝えてくれます


01/17 本格的な寒さ到来ですね、霜焼の酷い身にはこたえます。しかしこの寒さが必要でもあるんですよね。
 「白梅」の開花がいよいよのようです。FBでは先日の画像は末尾に
UPのためご覧頂けなかった面もあるかと思います。今日は「白梅尽くし」で今後を期待して頂きましょう。

こちら(HP)では先日の画像(1/15)掲載済みです、省略し
その後の開花の様子(1/17)をご覧頂きましょう。



01/15 小正月、お正月気分も今日まで。
 昨日見かけた寺川の河原での「とんど」の準備、昼前に撮影をと出かけましたが既に終了、綺麗に片付けられていました。
 予定変更で等弥神社へ。等弥神社では「新年初詣会」及び「大とんど」が催され、結構人出もありました。
 編集子も古いお札(フダ)や、正月飾り等を焚き上げて頂き、ぜんざいのふるまいも頂戴しました。
 古来からの風習・行事が見直され、継承のムードが盛んですが、是非今後もすたれることなく続いてほしいですね。
今年の運勢は・・・
.  
皆花楼の庭では「白梅」の最初の開花がありました。


01/14 この2-3日、朝晩の冷え込みは相当なものでした。しかし昨日、日中の日差しは温かなぐらいでしたね。気が付くと玄関前の「白梅」、蕾の膨らみが・・・今年の白梅は蕾の数も多い様で、寒い中での彩を添える開花が楽しみです。
門横の「紅梅」、こちらの蕾はまだ堅いようです、春の訪れはまだ少しの感じです。
 えさを求めて(?)ヒヨドリの訪問もありました。



01/07 一念発起、今日は久しぶりに文殊院周りで・・・
    表山門が立派に修復されていました。
 普段のウオーキングは等弥神社参拝の後、東回り(金谷方面)又は西回り(安部の文殊院方面)が主です。
 久しぶりに文殊院方面とし、昨年来の修復と講堂の建設の様子を見に行きました。
 東山門(表門)の修復は完成し、立派に再現されています。
 旧の部材も残され、その歴史を伝えてくれていますし、門を入って参道の灯篭の連なりもひと際整備され見事です。
 本堂では参詣者による絵馬が満杯です、知恵の文殊さんへのお願いしきりですね
展望台からは遠く二上山や畝傍山を望みながら、
「ジャンボ干支花絵」で合格を祈念している様子が見えます。
 山門横の広場が整備され「大講堂」が建設されています、まだ暫く掛かりそうですが益々立派になりますね。

 



01/04 穏やかな3が日でした、こんな「八咫烏」の御神像を発見
準備中



 
 
 


10/17 「乙女椿」二度目の開花です

10/14 等弥神社、秋の大祭準備

10/7 築地市場の閉鎖

10/4 「萩」が見頃です
          改装中(旧データです。)


10/17 秋の気配濃厚です、しかし「紅葉」にはまだ早いようですね、11月中旬以降になるでしょうか。庭では「乙女椿」で秋の開花が始まりました。いつ見ても清楚/可憐の表現が似合う様子をご覧ください。「萩」もまだ健在ですよ。

10/14 朝晩めっきり涼しくなり肌寒いくらいです。庭では「萩」が相変わらず見頃です、蝶の訪問もありますが動き回りうまく撮れません。
氏神様の等弥神社、秋の大祭に向けて準備が進んでいますが、付近の田は稲刈りも大分進んでいるようなので「神饌田」の様子を見てきました。立派に実り、まさに「実るほど・・・」の状態ですが先日の台風のせいでしょうか、かなり倒れ掛かっている稲穂があります。大祭前に借り入れが必要ではと気にまりますね。
「逆さ三輪山」の画像で紹介した田もまだ借り入れ前でしたが。


10/07 
10/06 築地市場が閉鎖となりました。この築地市場との桜井のかかわりをご存知ですか? 築地市場の前身「日本橋の魚河岸」開設に当たり、 桜井の人、大和屋助五郎が大いに貢献したということです。桜井の本町通りと立小路町とのT字路あたりが「魚市場」の場所で顕彰碑が建てられており、市HPでも紹介されています。http://www.city.sakurai.lg.jp/kanko/rekishi/kashiramoji/agyo/1395270835502.html
魚市場について詳しくは

http://www.sakanaya.co.jp/history/

10/04 
昨日の秋晴の好天から一転、今日は一日しっとりと秋雨が。
そんな中萩が見頃です。気が付くと「柊南天」の開花も始まってますね、早速オオスズメバチの来訪です。




        
「今日の顔」はFBでの発信に変更しました
               (2018/10月~)
     よろしければ 「いいね」「コメント」「シェア」 をお願いします





Top Page料金・地図 皆花楼の四季 今日の顔 FB 皆花楼あれこれ リンク集